今日ものんびりと アニメ
fc2ブログ











ヘッドライン

トップページ

「今日ものんびりと」にようこそ!
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
自己紹介や詳しいブログの説明などは追記にてご確認頂けます。

※この『トップページ』は最新の記事ではありません。
最新の記事はこの記事の次のものからになります。

12周年の記念絵 今日ものんびりと 2023年3月26日
『今日ものんびりと』 12周年!
2023年3月27日で12周年を迎えました|`・ω・´)



にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しているので応援をポチッとお願いします!(`・ω・´)

拍手での応援もお願いします…|・ω・`)チラッ



スポンサーサイト




テーマ:ブログ / ジャンル:ブログ
[ 2037/12/17 11:17 ] ブログ運営 | TB(0) | CM(263)
関連タグ:フェイトちゃん ガンダム なのは アニメ ゲーム 水樹奈々 イラスト トップページ 自己紹介 友達がいない

【水星の魔女】「祝福」MVの再生回数が1億回を突破 #G_Witch

はいさい!髪が緑色のアフロの人を見たツバサさー。
ブロッコリーが指定野菜になった記念かな(´・ω・`)
歌うミオリネ 今日ものんびりと 2024年2月28日
まずは線から。



YOASOBIが歌った「祝福」のMVの再生回数が1億回を突破したという事で、
なかなかの快挙ではあるから喜ばしいね。
YOASOBI自体「アイドル」や「勇者」など最近流行っている作品のオープニングテーマを担当する事が多いけど、
実力もあってこそのヒットである訳だから単純に凄いとは思う。

アニメの数も多いし、その分、ライバルとなるアーティストも少なくないというのに、
頭一つ抜きん出ているというのは凄い。
担当したオープニングテーマがガンダムの最新作だったというのもあるし、
勿論、『水星の魔女』の作品単体としての魅力もあったものの、
相乗効果があったとしても1億回も再生されるというのはなかなか聞かないしね。

そして「祝福」といえばこちらの動画も遂に公開されたから、
こちらの方の「祝福」も楽しめる訳だから、聴き比べするというのも面白いね。



それはさておき、Amazonミュージックで、
たまたま『うる星やつら(第二期)』のオープニングテーマが流れてきたんだけど、
第二期だと前期の人気を超えないといけないだろうから、担当するアーティストも大変そうだね。
アニメの方もリメイクな訳だから、以前のものと比較されて大変そうだろうし、
何だかんだでリメイクって大変そうだよね。

『うる星やつら』といえば以前の話で、あたるとラムが未来に行ってしまう話が放送されたけど、
あの話の時点では、あたるとラムが結婚するのは確定していないんだろうか。
でも、最近のハーレムアニメと違ってちゃんとラムがメインヒロインで、
他に明確にあたるに好意を寄せるて奪いそうな第2第3のヒロインが出て来る訳ではないし、
将来的に結婚する可能性は高いような気はする。
牛の回もそうだったけど、何だかんだであたるもラムの事を大切に思っていない訳ではないだろうしね。

こう思ってみると最近の作品の恋愛模様とはまた違った作り方をしているんだなぁと改めて思う。
最近の作品はメインヒロインはいたとしても、それ以外にヒロインが複数いて恋愛も複雑になりがちだし、
逆にここまでメインヒロイン1人でやるというのは珍しいしね。

祝福するっちゃ(´・ω・`)
読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しているので応援をポチッとお願いします!(`・ω・´)

拍手での応援もお願いします…|・ω・`)チラッ


テーマ:アニメ / ジャンル:アニメ・コミック
関連タグ:イラスト 絵のお話 アニメ 水星の魔女 ガンダム うる星やつら

今度はLynnさんによる「祝福(YOASOBI)」のカバーね #水星の魔女 #祝福

はいさい!スウェーデンがNATO入りすると知ったツバサさー。
ウクライナ侵攻をした結果、逆にスカンディナビア半島がNATOの勢力圏に(´・ω・`)
歌うミオリネ 今日ものんびりと 2024年2月26日
新しい絵。



ミオリネ・レンブラン役のLynnさんによって『水星の魔女』のオープニングテーマである
YOASOBIの「祝福」をカバーすると発表があった。
以前はスレッタ・マーキュリー役の市ノ瀬加那さんにより
『水星の魔女』のエンディングテーマである「君よ 気高くあれ」がカバーされた事があったけど、
これで主人公二人によってオープニング、エンディングともにカバーされた事になるね。

何だかんだで再放送が終わって一段落していた感じがあったけど、
まだまだ話題になる事も少なくないだろうし、
何かあればまた定期的に取り上げていきたいところだね。

それにしても、最近はアニメ公式を経てキャラクターを演じながらカバーするというよりは、
声優そのものが自分の声でカバーするというのが多くなって来たね。
以前はもっと主人公キャラがオープニングをカバーするみたいな形を取っている事が多かったけど、
これも時代の流れなんだろうね。
個人的にはどんなカバーであっても好きだからいいんだけど、
演じた声優本人が自分の声でカバーするというのもエモくて好きだなぁ。

目一杯の祝福を君に(´・ω・`)
読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しているので応援をポチッとお願いします!(`・ω・´)

拍手での応援もお願いします…|・ω・`)チラッ


テーマ:アニメ / ジャンル:アニメ・コミック
関連タグ:イラスト 絵のお話 アニメ 水星の魔女 ガンダム

今週から『水星の魔女』の感想もないから変な感じ #水星の魔女

はいさい!髪をちょっと切ったツバサさー。
さっぱり(´・ω・`)
スレッタ&キャリバーン 今日ものんびりと 2024年2月18日
細かいところはまた次回。

先週で『水星の魔女』の再放送も終わってしまったというのもあって、
毎週日曜日にやっていた再レビューがないから変な感じがする。
しばらくは再レビューするという事もないんだろうし、
徐々にブログで『水星の魔女』を取り上げる事もなくなるのだろう。

『水星の魔女』といえば、水星の魔女フェスのBD発売日が確定していたなぁ。
まだ予約していないからどこかで予約しないとね。



他には一番くじで新規イラストを使用したものを発売するという事で、
特にやる予定はないものの、新規イラストだよと言われてるとちょっと気になるよね。
断捨離を進めてきたというのもあって、
余程の事がない限りはこの手の商品は買わない様にしているんだけど、
スレッタとミオリネのペアものだと思うとちょっとは欲しくなる。



それはさておき、来週は金曜日が祝日だという事で三連休になるけど、
そろそろ『SEED FREEDOM』をもう一回見に行こうかなぁ。
2週間前に公式が映画冒頭部分を公開していたけど、
冒頭を見てしまうとやっぱり劇場の大画面で見に行きたいというのがある。



家で特大のホームシアターがあるならともかく、
普通の画面で見るよりは劇場の大きいスクリーンで見る方が迫力はあるし、
音響に関しても映画館の方が数段優れているしね。
三連休のどこかでまた見に行くようにして見よう。

予約すれば一つ、布教するなら二つ(´・ω・`)
読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しているので応援をポチッとお願いします!(`・ω・´)

拍手での応援もお願いします…|・ω・`)チラッ


テーマ:アニメ / ジャンル:アニメ・コミック
関連タグ:イラスト 絵のお話 アニメ 水星の魔女 ガンダム SEED

【水星の魔女】目一杯の祝福を君に #水星の魔女 #G_Witch #ガンダム

はいさい!卵を買うか迷っているツバサさー。
ぐでたま(´・ω・`)
スレッタ&キャリバーン 今日ものんびりと 2024年2月11日
後は細かいところを調整しよう。

『水星の魔女』の最終回「目一杯の祝福を君に」の再放送も終わって、
これで地上波放送も一段落してしまった。



本放送、各イベント、そして今回の再放送と追って来た訳だけど、
再放送まで終わったとなれば暫くは書く事もなくなるだろうし、
やっぱり寂しいという気持ちはあるね。
ずっと放送している訳にも行かないし、他のガンダム作品の動きもあるだろうから、
一先ずは『水星の魔女』はここでお終いだけど、また何か動きがあればフォローしていきたい。

肝心の本編の方は本放送時に色々と触れたから、
率直に思った事に対して触れていこうかな。

前回、送電システムを兵器転用した攻撃によってエアリアルが大破してしまったけども、
エアリアル(エリクト)が守ってくれる訳ではないのに、
しっかりとスレッタがプロスペラに向かって、自分の思いを伝えた事、
今のままプロスペラ達が進めている計画のままいくのは嫌だと拒否できたのは大きかったね。

エリクトがどうなっているのか分からないし、
コックピット内にミオリネが一緒にいる訳でもないのに、
しっかりと自分の思いを、自分の言葉で母にぶつけたというのは大きかったね。
家族としか接してこなくて「母親の言う事=全て」だったのに、
色々と経験して事によって自分の足で歩けるようになったという事で、
やっぱりキャラクターの成長を描くのがガンダムの魅力の一つだね。

そして送信システムに再び狙われて、それに対応する為にエリクトに呼び掛けて、
エリクトもそれに応えた訳だけど、ちゃんと姉妹で意思疎通をして共同作業するって初めてだったよね。
今まではパイロットと機体という関係性だったし、
その後にエリクトがエアリアルの中にいると分かったところでは、
エリクトから「君は自分のいる場所に戻るべき」と言って分かれてしまったしね。

スレッタとプロスペラの親子関係、そしてプロスペラからエレノアに戻った瞬間なども見所ではあるんだけど、
近くにいながら姉妹として話す機会がなかったのに、
最終回でしっかりと一緒に何かを為すというのが、これまたエモかったね。
視聴者目線だとずっと一緒にいたのに何も出来なかったのがもどかしかったと思うんだけど、
そのフラストレーションが一気に解消されたようなものだと思ったし、
繋がれなかったものが繋がった感じがまた良かった。

そしてクワイエット・ゼロ事件が終わって数年が経って、
地球にいるスレッタとミオリネが描かれたけど、
やっとお互いに柔らかい表情で触れ合えたというのが感慨深いよね。
プラント・クエタ襲撃、学園の戦場化、クワイエット・ゼロ事件など、
本当に色々な出来事が起きた訳だけど、
一緒にいない時でも大変な事は起きて、その積み重ねですれ違てしまったけど、
やっと穏やかに笑い合えるようになったんだと思うと感慨深い。

身近な人間ほど上手く接する事が出来なかったりするし、
大切な相手だからこそ拗れたりするものではあるけど、
やっぱりちゃんと話して、相手が大切だと伝えるのが大事ではあると思う。
宇宙世紀のようにニュータイプという存在になれる訳ではないし、
拙くても、上手くいかなくても対話するしかないしね。

でも、一つ残念な事があるとしたら、
最終回の小麦畑でスレッタとミオリネが会う前の数年間を映像で見たかったというところかなぁ。
ある程度は小説版で保管されるとは思うし、
後年にまだ人気が続いているようならOVAという形で展開できるとは思うけど、
こればかりは人気と製作側の意向次第だから分からないしね。

最近は『UCエンゲージ』で語られていなかったアムロとシャアの空白の期間が描かれているけど、
ある程度、後年になったとしても『水星の魔女』も同じく描いてくれたら嬉しい。





目一杯の祝福をみんなに(´・ω・`)
読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しているので応援をポチッとお願いします!(`・ω・´)

拍手での応援もお願いします…|・ω・`)チラッ


テーマ:アニメ / ジャンル:アニメ・コミック
関連タグ:イラスト 絵のお話 アニメ 水星の魔女 ガンダム